FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島重(なかじまじゅう)

政治学者、法学者。岡山県高梁(たかはし)市の柳井(やない)自宅に天性、のちに中島自宅の養坊主となった。1916年(大正5)東京帝国大学独法科を卒業、翌17年同希望社大学法学部に赴任。29年(昭和4)総長海老名弾正(えびなだんじょう)の辞職に殉じて同希望社を去り、関西(かんせい)学院大学教授と入る。第二次世界大戦直後の46年(昭和21)1月、ふたたび同希望社大学教授に迎えられるが、同年5月29昼間の場合間病死した。中島は、東大場合代に吉野作造を政治学の師とし、海老名を信仰上の師として、そのキ書き出した教的気まま主義思想を形成した。初期の労作『多元的国自宅論』(1922)は、第一次大戦後のイギリスを中心に展開された、H?J?ラスキやG?D?H?コールらの多元論的国自宅理論の体系的な紹介書で、大正デモクラシーの場合代バックもあずかって、わが国の気まま主義的政治学の発展に寄与した。その後、昭和に入って、『発展する全体』(1939)や『国自宅原論』(1941)が公表され、持説の職能的国自宅論が一貫して展開されるが、同場合にまた、そこでは、個人本位の気まま主義を排して社会本位的民族主義を強調するなど、全体主義的な場合代風潮のなかで「東亜共同体」論への傾斜がみられることも事実である。また、賀川豊彦(とよひこ)に共鳴して「社会的基督(キ書き出した)教」の実践活動にもまめに参加した。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。