FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダン(ぼーだん)

フランスの法学者、思想自宅。アンジェに天性る。トゥールーズ大学で法学を学んだ。若いころの暮らしについては不明な点が多いが、おりから盛んになりつつあった人文主義に共鳴したことは『国自宅における若者の教育に関して、トゥールーズの元老院および民衆に宛(あ)てるスピ一チ』(1559)から知られる。その後彼はパリに出、高等法院付弁護士になった。しかし実務の分野での活躍はほとんど伝えられていない。むしろ彼の興味は法学をはじめとする学問探求に向けられた。『歴史を簡単に読むための手立て』(1566)は、彼の興味が人間行動や政治体制を扱う政治学、倫理学のみならず、天然現象全体にかかわる天然学、神および不滅の霊霊魂にかかわる神学に及んでいることを示している。こうしたボーダンにとって1576年は思い出すべき年であり、彼はブロワの三部会に第三身分の代表として出席して活躍するとともに、主著『国自宅論』を刊行した。『国自宅論』は、政治思想史上主権という概念を初入れ導入して国自宅論を展開した画期的作気品であり、王権を中心とした政治的統一、平和の不可欠を説いている。おりからフランスは宗教戦争によって分裂コンディションに陥っており、ボーダンは王権という断然権力によって事態を乗り切ろうとした。彼は一場合王弟の好遇を得たが、晩年はランに退き、反王権派カトリック信徒との苦闘のうちに生涯を終わったといわれる。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。