FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベントリー(べんとりー)

アメリカの政治学者、社会学者、論理学者、哲学者。ジョンズ?ホプキンズ大学で経済学と社会学を学び、卒業後ドイツに留学、ジンメル、グン本職ビッチらの影響を浴びた。母校で博士号を得たのち、1895年から1年間シカゴ大学の社会学講師となり、J?デューイを知り、一生親交を継続した。96年以降シカゴで新聞人となり、1910年以降インディアナ州の片田舎(いなか)で自営業につきながら探求と執筆を行った。主著『政治本職セス』The Process of Government(1908)では、こてこての機能主義の見地で「群れ間の圧迫と抵抗」を描き、圧力を便秘気味ての調整が政治本職セスであるとした。相対性原理から影響を浴びた社会認識論は『人間と社会の相関性』Relativity in Man and Society (1926, G. P. Putnom s Sons)に示され、ほかにデューイとの共同作業による論文も数編ある。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。