FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッツェンホーファー(らっつぇんほーふぁー)

オーストリアの社会学者、政治学者、軍人。社会ダーウィン主義者で、その思想は、その著『政治の鉄則と目的』三巻(1893)、『社会学的認識』(1898)、『社会学』(1907)のうちに展開されている。すなわち社会本職セスは、興味を中心として他人と闘争しまたは一致する個人の動作であるとみた。彼はまた、グン本職ビッチと同じく、国自宅の発生を類族闘争に追求する征服国自宅説を言い分している。その闘争説は天然淘汰(とうた)説の社会群れへの適用である。彼の興味説はアメリカのスモールに、また類族闘争説はウォードに大きな影響を与えている。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。