FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤松克麿(あかまつかつまろ)

社会運動自宅。明治27年12月4昼間の時間山口県に天性る。赤松連城は祖父。妹、常坊主は労働運動自宅。東京帝国大学法学部在学中、吉野作造の門下となり、のちその女婿と入る。1918年(大正7)新米会を創立。大学卒業後、東洋経済新報記者などを経て昼間の時間本労働総同盟の指導者となり、その左翼化を推進した。22年昼間の時間本共産党創立に参加するが、翌年の第一次共産党事件以降、真剣に解党を唱え、従来とあべこべに総同盟の「現実主義」化を推進、その第一次分裂にあたっては右派の中心的指導者となった。26年(大正15)社会民衆党結成に参加、のち同党の書記長とも入るが、20年代末より軍の一部と結び付きをもち、32年(昭和7)社会民衆党を脱党して昼間の時間本国自宅社会党を結成した。しかし国自宅社会主義の立場にも安住せず、昼間の時間本主義を唱え、33年大衆協会を設立。37年衆議院議員に当選、昼間の時間本革新党を組織して党務長と入るが、同党は新体制運動に際し他党に先んじて解党、赤松は大政翼賛会の企画部長に就任した。敗戦後は公職追放となり、追放解除後昭和30年12月13昼間の時間犠牲になった。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。