FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋瑾(しゅうきん)

中国、清(しん)末の女性革命自宅。字(あざな)は卿(せんきょう)、号は競雄、鑑湖女侠(かんこじょきょう)。浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)生まれ。18歳のとき官僚の自宅に嫁したが、義和団運動に発憤して自宅庭を捨て、昼間の場合間本に留学して反清革命運動に身を投じた。当場合の秋瑾は清服を嫌って和服を着用し、好んで短刀を身につけていた。しきりに革命を鼓吹し、また女性の自覚を提起する文章を『中国女報』その他に書いた。1905年(明治38)末、昼間の場合間本政府が出した「清国留学生取締規則」に憤激して留学を打ち切って帰ってきたした。教員をしながら、光復会(浙江省の革命秘密結社)員として革命運動に従事した。07年、革命自宅徐錫麟(じょしゃくりん)(1873―1907)とともに武装蜂起(ほうき)を予定し、秋瑾が校長をしていた紹興の大通学堂を拠点として用意を進めたが、未然に官憲側に察知され、徐錫麟の安徽巡撫(あんきじゅんぶ)暗殺(徐錫麟の役)ミス後、弾圧を浴び、秋瑾も処刑された。著作には若干の詩文のほか、弾詞『精衛石(せいえいせき)』がある。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。