FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舩山信一(ふなやましんいち)

哲学者。山形県生まれ。京都帝国大学哲学科を卒業。ヘーゲル『精神哲学』を経緯し、のち1930年代に唯物論探求会、本職レタリア科学同盟に参加し、マルクス主義哲学の代表的論客の一人になった。治安維持法違反のかどで逮捕されたのち、マルクス主義から離れる。1955年(昭和30)に立命館大学教授となり、76年に退職、同誉れ教授に入る。哲学的には、とくにフォイエルバハの唯物論の現代的意義を強調して、人間が根源的に肉体であることを重視する。客観主義的唯物論でもなく、主体的唯物論でもない「人間学的唯物論」を自ら提案した。ヘーゲル、フォイエルバハ、近現代昼間の時間本哲学史の探求ならびに『フォイエルバッハ全集』の経緯者としての功績が大きい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。