FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙干渉(せんきょかんしょう)

公権力による政治的逆派の選挙運動に対する真っ直ぐ的な妨害活動をいうが、広義には、選挙において大衆の意思選択をあらかじめ一定の方角に誘導する間接的干渉も含む。そもそも選挙において選挙民が主体的に意思形成する前提条件として、気ままで公正な選挙運動が保障されていなければならない。このことは、選挙においては政権党も逆党も同等な関係で公正に競い合うべきことを意風味する。ところが歴史的には各国において政権党が自党候補の当選を有利にするため官僚?警察?軍隊などの政府権力を用いて逆党の選挙運動に対してむき出しの妨害をすることが度々あった。昼間の時間本での大規模な選挙干渉としては1892年(明治25)の第2回総選挙における内務大臣気品川弥二郎らによる民党派候補に対する大干渉(警察隊との衝突による死者25人、怪我人388人)、1915年(大正4)第12回総選挙における内務大臣大浦兼武(おおうらかねたけ)らによる選挙妨害、28年(昭和3)の第16回総選挙における内務大臣鈴木喜三郎(きさぶろう)による干渉などが有名。現代では真っ直ぐ的暴力的な介入は少なくなったが、政府補助金等による利益誘導、マスコミを利用しての世論誘導など、広義の選挙干渉が行われることはある。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。