FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モア(もあ)

イギリスの政治自宅、人文主義者。ロンドンの法律自宅Sir John M.の自宅庭に天性る。幼くしてカンタベリー大司教ジョン?モートンに仕え、のちオックスフォード大学に入学、いわゆる「オックスフォード改革者たち」にギリシア語の手ほどきを浴び、古代古典文学に目を開かれるが、父の意向で中退。法律自宅を希望し、ニュー?インを経て、リンカーン法学院に学ぶ。大学在学中から「北方ルネサンスの王」エラスムスと親交を結ぶ。エラスムスは『愚神礼賛』(1511)をモア自宅滞在中に控えている。法学院卒業後、下級弁護士から判事となり、下院にも席を占め、1515年通商異常でオランダに渡り、世間交折衝に手腕前を発揮する。的確国自宅像を描く『ユートピア』はこの旅行行中に書き起こされ、翌16年帰ってきた後落成したもの。当場合ロンドンの副司政長官の職にあったが、世間交折衝の手腕前と識見をヘンリー8世に認められ、請われて宮廷に出仕し重用される。29年大法官に任命されるが、王の離婚異常に最後まで裏表し、32年官を退く。34年反あべこべ罪のかどでロンドン塔に幽閉され、翌年断鶏冠台の露と消えた。

モアは諧謔(かいぎゃく)情緒風味の所有者で、辛辣(しんらつ)な毒舌自宅としても知られたが、同場合に敬虔(けいけん)なクリスチャン、名文自宅、論争自宅でもあった。市民の人気も絶大で、処刑にあたり王はその影響を苦慮したといわれる。著作はほかに『リチャード3世伝』(1543)、『ピコ?デラ?ミランドラ伝』(1510)など。没後400年の1935年、ローマ教皇から「聖徒」の称号を与えられている。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。