FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プルードン(ぷるーびり)

フランスのアナキズムの思想自宅。スイス国境界に近いブザンソン近郊の貧農の自宅に天性た。向学心は旺盛(おうせい)だったが、16歳のころ、父が訴訟に没鶏冠したために自宅計は逼迫(ひっぱく)し、学業を断念して印刷職人として働いた。当場合働いていた印刷所で、同郷の社会主義思想自宅シャルル?フーリエの著書『産業的?協同的新世界』の校正に携わるうち、その思想に深い感銘を浴びた。1838年、奨学金を得てパリに出て貧困と闘いながら勉学に励み、40年に彼を一挙に有名にした『所有とは何か』を著した。協同労働は個人の労働の合計を上回る力(「集合力」)を生むが、資本自宅は個人の労働に対してしか支払わないから、集合力と支払われた賃金との差額が利潤として資本自宅の手になる。利潤は集合力の搾取=泥棒であり、生産術の所有がこの泥棒を可能にし正当化する。これが、「所有は泥棒である」という彼の結論の論拠である。その後の数年間は、パリに集まるマルクスやハイネなどの革命自宅や知恵人との交流、『安上がり諸矛盾の体系』(1846)の執筆など、満ち足りた昼間の場合間々を送る。マルクスは、その著『哲学の貧困』(1847)で、プルードンの所説を激しく論難し、交友はとだえた。プルードンは二月革命(1848)を「理念なき革命」ととらえ、『人民』紙や小冊坊主を刊行して、この革命に理念を与えるべく闘った。

現代革命の課題は、資本―国自宅―教会からなる抑圧の体系の廃絶にあり、その根底は「持ち主統治の体系」を打破し、産業の組織化を現実になる経済革命に求められねばならない、というのが彼の言い分だった。しかし彼は、当場合言い分された共産主義や国自宅による産業の組織化には、それらが共同体や国自宅への個人の隷属を強め、個人の気ままと自立を危うくするという事情で強く逆し、気ままで平等な個人の双務的契約に基づく相互団結(「相互主義」)を実現すべきことを言い分した。双務的契約こそ気ままと平等を現実になると考えたからである。『19世紀における革命の一般理念』(1851)は、彼の二月革命の総括である。

ルイ?ナポレオンの独裁のもとでの投獄と亡命のなかで、プルードンは、暮らしに基礎を置く地域群れの契約に基づく連合によって、中央権力を解体するという「連合主義」の言い分を武器に、巨大化する権力との闘いを継続した。労働者は、国自宅や指導者の手によらず、自分で解放を獲得することができるという下からの視点にたつ彼の革命論は、現代に至るまで根強い影響力をもち継続している。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。