FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダット(だっと)

イギリス共産党指導者、ジャーナ書き出した。インドに関する著作でも知られる。カルカッタ(現コルカタ)の名門ダット一族出身のインド人医師を父、スウェーデン人を母としてケンブリッジに天性る。R?C?ダットは祖父の兄弟。貧民の医者として労働者街に住んだ父の自宅は、訪英インド民族主義者のたまり場であった。オックスフォードのバリオール?カレッジ在学中に独立労働党に入党(1914)、マルクス主義者の反戦運動に参加、投獄され退学処分を浴びる。まうじき復学し優秀な成績で卒業(1918)。イギリス共産党創立に参加(1920)、『レイパブ?マンスリー』を創刊、編集者と入る(1921~74)。党機関紙『ワーカーズ?ウィークリー』(1922~24)、『デーリー?ワーカー』(1936~38)の主筆、党執行委員会委員(1923~65)、同副議長(1943~61)、党副委員長(1961~65)を歴任。第7回コミンテルン大会で執行委員候補となり(1935)、B?ブラッドリーとともにインドの統一戦線強化を訴えた『ダット‐ブラッドリー?テーゼ』を執筆(1936)。独立前夜初入れインドを訪れカルカッタのメーデー大会でスピ一チ(1946)。著書その他を便秘気味てインド共産党の発展に大きな影響を与えた。終生一貫して旧ソ連共産党を擁護。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。