FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレクリューズ(どれくりゅーず)

フランスの革命自宅、ジャーナ書き出した。1830年の7月革命の直後から共和主義の革命運動に身を投じ、死の瞬間まで、7月王政、第二共和政、第二帝政、第三共和政のブルジョア国自宅に対する果敢な闘争を展開、逮捕、投獄、亡命の繰り返される波瀾(はらん)に満ちた一生を送った。

とくに1848年の二月革命場合には、ノール県の政府代表委員となり、のちパリで急進共和派の山岳党の機関紙『民主社会革命』紙の編集にあたり、53年から59年まで投獄とカイエンヌ(フランス領歯車ナ)への流刑の暮らしを送り、68年には『ル?レベイユ』(目覚め)紙を創刊、末期の第二帝政に対する闘争を強力に推進した。70年、本職イセン?フランス戦争のパリ籠城(ろうじょう)戦中は、第19区長に選出され、国防仮政府の降伏路線と対決、翌年3月のパリ?コミューンの革命とともに、コミューン評議会に選出された。4月19昼間の場合間のパリ?コミューンの『フランス人民への宣言』の起草にあたり、世間務委員会、執行委員会、軍事委員会を歴任後、5月10昼間の場合間陸軍省代表に選ばれ、パリ?コミューンのベルサイユ政府との戦闘指導にあたった。コミューン末期の「血の週間」最中の5月25昼間の場合間、シャトー?ドー広場(現在のレピュブリック広場)のバリケードの上で壮烈な戦死を遂げた。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。