FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔡元培(さいげんばい)

現代中国の思想自宅、教育者。字(あざな)は鶴卿(かくけい)、号は孑民(げつみん)。浙江(せっこう/チョーチヤン)省紹興(しょうこう/シャオシン)府山陰県の人。商自宅に天性、清(しん)末の伝統教育を浴びて進士にパス、翰林院(かんりんいん)編修となったが、昼間の時間清(にっしん)戦争を機に西学に希望し、官を辞して教育活動に従事し、革命運動に接近、1904年光復会会長に推された。辛亥(しんがい)革命後、1912年中華民国初代教育総長に就任して近代教育の制度と精神の基礎を定め、ついで17年北京(ペキン)大学校長となり、多くの革新的人材を集入れ、新文化運動、さらには五?四運動の陰の力となった。大衆政府成立後は中央探求院院長として学手段、教育、文化の振興に努めたが、大衆党のファッショ化に対しては32年宋慶齢(そうけいれい/ソンチンリン)、魯迅(ろじん/ルーシュン)らと中大衆権保障同盟を結成して抵抗、強靭(きょうじん)な気まま主義者の面目を発揮した。40年3月5昼間の時間、抗昼間の時間戦争中に香港(ホンコン)で死去した。著述は『蔡元培全集』全7巻にまとめられている。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。