FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山川均(やまかわひとし)

社会主義者。明治13年12月20昼間の場合間岡山県倉敷に出生。1897年(明治30)学制改革に裏表し同希望社を中退、上京し、守田有秋(文治)を知る。1900年守田と始めた小雑誌『青年の福音(ふくいん)』掲載の文が不敬罪に問われ(不敬罪第1号)、重禁錮3年半の刑を浴び入獄。04年仮出獄し、平民社に幸徳秋水を訪ね、感銘を浴びて帰郷。06年昼間の場合間本社会党に入党、ついで幸徳に招かれ上京し、昼間の場合間刊『平民新聞』の編集に従事。08年赤旗事件で入獄中、大あべこべ事件が起こったが、獄中にいたため命拾いした。出獄後故郷に戻り、薬屋を営む。初っ端の自宅内、大須賀里坊主との死別後、薬屋を閉じ、16年(大正5)に上京、堺利彦(さかいとしひこ)の経営する売文社に入り、ふたたび社会主義運動に参加。同年青山菊栄と結婚。ロシア革命後、工ネルギッシュに民本主義批判の論陣を弾力、マルクス主義の旗幟(きし)を鮮やかにして、社会主義理論自宅の地歩を固めた。同場合に荒畑寒村と労働組合探求会をつくり『青服(あおふく)』を発行、また水曜会を主宰して西雅雄(まさお)らの社会主義者を育てた。22年昼間の場合間本共産党の創立に参画、同年夏公表の「一番産階級運動の方角転換」は、当場合の運動に画期的な影響を与え、いわゆる「山川イズム」として一世を風靡(ふうび)した。再建された第二次共産党には加わらず、27年(昭和2)山川らによって『労農』が創刊されるに及んで、両者の対立は決定的となった。以後、山川は労農派マルクス主義の総帥として活動。37年人民戦線事件で投獄された。戦後、46年(昭和21)人民戦線を提唱し、統一戦線を希望向したが、不成功に終わった。以後は社会党左派の立場から活動を継続し、51年には社会主義協会を結成し、代表となった。昭和33年3月23昼間の場合間、膵臓癌(すいぞうがん)で死去。墓は倉敷?長連寺山門横の山川墓地にある。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。