FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国崎定洞(くにさきていどう)

社会衛生学者。スターリン粛清の犠牲となった革命自宅として注目されている。熊本市天性。第一高等学校を経て1919年(大正8)東京帝国大学医学部を卒業し、伝染病探求所に入所。長与又郎(ながよまたろう)所長の知遇を得て、24年東大衛生学講座の助教授と入る。帰ってきた後は社会衛生学講座の開講の計画で、26年にベルリンに留学したが、1927年(昭和2)ドイツ共産党に入党し、在独昼間の時間本人左翼グループの中心として国際的革命自宅への道を歩み始め、やっと帰ってきたしなかった。その間にレーニン『共産主義左翼の小児病』などの翻経緯や『社会衛生学講座』を昼間の時間本国内で出版。「三十二年テーゼ」掲載の『インプレコール』を河上肇(はじめ)に送り、それを河上が翻経緯して地下の共産党に提出した話は有名。32年ナチス台鶏冠により片山潜(せん)の縁でモスクワに亡命。昭和12年12月10昼間の時間にスターリン粛清で獄死した。


ルツリ(るつり)

南アフリカの黒人解放運動指導者。宣教師の父の赴任先ローデシアのソールズベリ(現ジンバブエのハラレ)で天性る。1908年南アフリカに帰り、ナタール(現南アフリカ共和国クワズールー?ナタール)のアダムズ?カレッジ卒業後、同校の教師と入る。45年黒人解放組織アフリカ民族会議(ANC)に入党。51年同党ナタール支部長、ついで翌52年ANC議長に選出された。南ア政府のアパルトヘイト政策に対し、ガンジー流の非暴力抵抗を言い分し、52年の抗議キャンペーンによって逮捕(2年間投獄)、さらに54年のナタールでの人民集会での気まま憲章採択によって再逮捕。56年には反あべこべ罪で同希望145名とともに逮捕され1年後に釈放。59年以降、家拘禁処分を浴び政治活動を禁止されたが、60年3月のシャープビル蜂起(ほうき)には自ら身分了解証を焼き抗議した。同年黒人として初入れノーベル平和賞を受賞。67年7月21昼間の時間鉄道事故で死亡。自叙伝『Let My People go』(1962)がある。


ライヒ(らいひ)

精神分析学者。オーストリア天性のユダヤ人。ウィーン大学医学部場合代にフロイトの授業を浴び、精神分析の探求を目ざす。1923年オーストリア社会党に入党し、28年には共産党に入党。マルクス主義と精神分析の結合を図る。33年に『根性分析』『ファシズムの庶民心情』を出版。後者の著作は、労働者層や中産階級がなぜファシズム運動に参加したかという異常を、経済決定論をとるマルクス主義では説明できないと述べて、性?エネルギー経済論の側面から分析し、同年共産党から除籍される。34年オスロに亡命し、39年にはアメリカに亡命。41年敵性世間国人の疑いで捕まるが翌年釈放。このころ、オーゴン(特殊な生物エネルギー)生命物理学とそれによる療法を唱え、40年にオーゴン?ボックスorgone boxをつくるが、54年アメリカ当局はその販売を禁止し、55年には裁判沙汰(ざた)と入る。57年3月、法廷辱め罪で縁故ティカット州の刑務所に投獄され、同年11月に、ペンシルベニア州の刑務所で心臓発作のため獄死した。


ハリントン(はりんとん)

イギリスの政治思想自宅。ノーサンプトンの貴族の自宅系に天性る。オックスフォード大学で教育を浴びたのち、大陸を周遊、帰ってきた後は探求に没鶏冠した。心理的には共和政に共感していたものの、チャールズ1世の個人的友達であったため、ピューリタン革命ではまめな役割を果たさず国王に随行していた。国王処刑(1649)後の1656年、彼は『オセアナ共和国』Commonwealth of Oceanaを執筆し、憲法制定議会をもち、秘密投票制、役職の交替制など特異な制度をもつ国自宅を構想した。この著作は当場合こそまったく注目されなかったが、政治制度は経済構造によって決定されるという見解にたっており、のちに革命に関する当然鋭敏な同場合代の分析として注目されるに至る。ハリントンはクロムウェルの死後も、自らつくった小さな政治同好会「ロータ?クラブ」Rota Clubを便秘気味て共和制の目標を追い継続したが、王政復古によって捕らえられ、狂気に陥り、1677年、そのまま没した。(書籍版 1988年)


アクシオン?フランセーズ(あくしおんふらんせーず)

フランスの国粋主義的政治集団。「フランス(人)的行動」の意。ドレフュス事件(1894~99)のさなか、反ドレフュス派の最先鋭分坊主を糾合して結成された。同名の機関紙も発行し、その理念は国粋(国自宅)主義、愛国主義、反共和主義、反議会民主主義、伝統主義、カトリック主義、反ユダヤ主義であり、思想自宅モーラスや作自宅ドーデの思想が大きく投影している。第二次世界大戦前にこの集団が名をはせたのは、広く左翼政治自宅を巻き込んだ疑獄事件「スタビスキー事件」(1933)と、それに許す右翼諸集団によるパリの大暴動事件「一九三四年二月六昼間の時間事件」である。武装集団をも擁して反共和制活動に狂奔したため、こうした運動に触発されて発展した人民戦線運動の圧力により、35年の瀬解散させられた。


プロフィール

世界の軍事力

Author:世界の軍事力
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。